家庭用の浄水器の機能を維持するための工夫について

浄水器は内部のフィルターに水を通すことで汚れや臭いを取り除く構造になっています。

家庭用の機器は水道水のカルキ臭除去に特化している物が多く、内部構造も簡易的になっていることが多いので清掃などの手入れが簡単に行うことが出来るのが特徴です。
家庭用の浄水器は高額な物は様々な機能が付随していますが、水道水の口当たりを良くする機能を維持するためにはこまめに手入れを行い、内部を清潔に保つことが重要です。

特にカルキ臭を取り除くフィルターは使い続けることで目詰まりを起こし、機能が低下してしまうことがあります。
機器によってはフィルターは使い捨ての消耗品なので、事前に予備のフィルターを用意しておくことが大切です。



浄水器の内部を洗浄する場合、機器の昨日に悪影響を及ぼさないように丁寧に作業を行うように心がけます。



水道水を通す配管の内部は水垢が溜まりやすく、洗浄も手間がかかるので特に慎重に扱う必要があります。
市販の洗剤は臭いが残ってしまうことがあるので少量の使用に留める他、水温も低く抑えることが浄水器の破損を防ぐための心得です。


家庭では頻繁に水道水を使用することから、浄水器も利用頻度が高くなる傾向があります。

年月が経過することで機能も低下する他、消耗品の在庫も無くなることがあるので極端に古い機器は正常に作動していても濾過機能の維持が難しい問題があります。



消耗品の在庫が豊富で修理も短時間で行うことが出来る新型の機器と交換することが水道水の濾過を続けるための条件です。

top