浄水器の正しい使い方とメンテナンスの重要性

浄水器は水の汚れや臭いを取り除くための機器で、家庭用の機器は水道水のカルキ臭を取り除く目的で広く普及しています。
浄水器は内部のフィルターに水を通して汚れや臭いを除去する構造になっていることから、性能を長持ちさせるためにはフィルターの状態を良好に保つことが重要になります。



製品によってはフィルターは使い捨ての消耗品扱いなので、予め予備を複数用意しておくことが美味しい飲料水を確保するための心得です。

浄水器は冷水を濾過することを前提に作られているので、熱湯や水以外の液体を流し込まないように気を付けます。



内部の汚れを除去する際も水で洗い流し、洗剤などの薬品の使用は少量に留めることが大切です。


また、浄水器によっては電子機器で制御されている物もあるので、清掃を行う際は機器の破損や感電を避けるために必ず電源を切ってから正しい手順で作業を行うように心がけます。洗浄後はカビや悪臭の発生を防ぐために内部を十分に乾燥させることも必要な処置です。



家庭用の浄水器は簡単に取り付けることが出来るうえに誰でも手軽に操作できることがメリットですが、長く使い続けると汚れや部品の劣化によって浄水機能が低下します。そのため、使用中は定期的にメンテナンスを行い、不具合が生じている場合は速やかに適切な対処を取ることが機器を長持ちさせるための条件です。
その一方で極端に古い機器は交換用のフィルターや部品の在庫が無いケースもあるので、新型の機器に交換することも選択肢の一つに入れる必要があります。

top